bloco

社会の有るがままを、
世界の有るがままを。

写真で見る、ユーザー車検

 

自分で車検を取る


一通り整備されていれば、自分で継続車検を取ることが出来ます。そこで「ユーザー車検」初心者の方に、必要な書類や手順について、簡潔な文章で書いてみます。(今回は普通車です)

まずは、必要書類一覧。

持っていくもの 車検証 印鑑 お金(諸費用) 自賠責保険書(旧)
むこうにある書類 自動車検査票 自動車重量税納付書 継続検査申請書 自賠責保険書(新)

注意:自動車税未納の方は「自動車税納税通知書」を持っていきましょう。
補足:車検当日は書類が何枚にもなるので、クリップボードがあると便利です。

自動車税納税通知書がどこいっちゃたのか、探すの大変だろうと思って画像をのせたいところなんですけど、自動車税は地方税で、都道府県によってパッと見の色合いとかもまちまちで、あしからずです。(がんばって)
最悪なくても、車検証があれば何とかなると思います。(きっと)

持っていくと褒められるかもしれないけど、なくてもいいもの 自動車税納税証明書
(納付済みであれば大丈夫)
定期点検整備記録簿
(車検後に受ければ大丈夫)

「自動車税納税証明書」の提出省略条件として、「自動車税を滞納していない」ことと「自動車税を納付してから3週間経過」となています(一応)。けど、数日前の納付でも大丈夫だった。(都道府県によるみたい)

定期点検の前に車検へいく方が、最低限チェックしておきたいところ。

最低限の
チェック項目
ヘッドライト
(ハイ、ロー)
ウインカー
(前後左右)
ワイパー
(ゴム切れ×)
ウォッシャー液
(まだあるか)
発煙筒の期限
( LEDならOK )



車検証に記載されている「有効期間の満了する日」の一か月前から継続車検を受けられるので、早めに受けましょう。(一度で受かるとは限りません)

はじめに、国交省の「自動車検査インターネット予約システム」で新規アカウントをつくり、お住まいの地域を管轄する運輸支局を選択して、予約を入れます。

予約が完了となるまで、説明に従い、必要項目を記入していきましょう。

 

車検当日

それでは、群馬運輸支局での画像とともに、手順を追っていきましょう。(すべて同じ敷地内にあります)

まず始めに、必要書類をもらいます。

  • 自動車検査票
  • 自動車重量税納付書
  • 継続検査申請書
 
① こちらの建物に入りましょう。(3 自動車登録番号標交付所)

正面の入り口からみると、こんな感じです。

ここですること 必要書類を三通もらう 重量税を納める 自賠責保険料を支払う


入って正面のカウンターで「継続車検です」といって、書類をもらいましょう。三通の必要書類は無料です。(以前は 20円くらいでした)

左隣りで「自動車重量税」を納めましょう。もらった必要書類のうちの「自動車重量税納付書」に収入印紙を貼ってくれます。

さらに左へ移動すると、自賠責保険の更新手続きが出来ます。(車検証と自賠責保険書(旧)、自賠責保険料が必要です)

  • 自家用乗用車(24か月契約)25,830円
  • 自家用乗用車(車検切れ)26,680円

2019年5月現在の保険料です。(離島・沖縄を除く)

 

② 自動車税が未納の方はこちら(納付済みの方はスキップ!)

ここですること 自動車税を納める 納税済みの方はスキップ


自動車税が未納の方は、「自動車税納税通知書」をもって納税しましょう。

 

③ あと、ちょっと。(1 関東運輸局群馬運輸支局へ)ぜんぶ同じ敷地内です。

ここですること 5番「ユーザー車検受付窓口」に書類提出


建物に入ったら、もらった三通の書類に必要事項を記入します。壁ぞいの机に筆記用具があり、記入例の案内がはってあるので、説明通りに書きましょう。(ボールペン書き項目と、鉛筆書き項目に注意)
「自動車検査インターネット予約システム」の検査予約事前確認メールに記載されている「予約番号」を書く項目があるので、スマホで確認できないようなら事前にひかえておいて下さい。(言うのおそい)

書けたら、5番「ユーザー車検受付窓口」に書類一式を出しましょう。

おいちゃん(だいだい)の OK がでたら、いよいよ検査へ。

 

④  検査レーンへ

ここですること ひたすら指示通り (汗)


やってきました検査レーン、いい天気ですね。

この日は工事中のレーンがいくつかあって混んでました。
待っている間に、ホイールカバーの車はカバーを外しておきましょう。

検査場に入る前に並んでいると、事前点検の検査員がやってきます。ライト回りなどをチェックしに来るのですが、今回は若いお兄ちゃんでした。誰もが分かっている前提で車の前に立って「はい、ちゃー、ちゅー」と口をもごもご動かします。こっちは久しぶりだったので戸惑っていると、「あれー、ライトの点け方も分からないで来ちゃったの~」と近寄ってきました。後から考えたら「おれ、30年以上クルマのってるんだけどな」と思ったけど、その場では「すいませんねー、久しぶりで」と言ってやり過ごしました。(いつもは親切な人が多いです)

自分のようにならないために、チェック項目はこんな感じです。

  • スモールライト点灯
  • ライトを点灯(ロービーム)
  • ハイビームに切り替え
  • ウインカー(右)
  • ウインカー(左)
  • ワイパーを動かす
  • ウォッシャー液(発射)
  • ハザードランプ点滅

検査員が後ろにまわる。

  • ハザードランプ確認後に消す
  • スモールライト点灯
  • ウインカー(右)
  • ウインカー(左)
  • リアワイパーを動かす
  • ウォッシャー液(発射)

検査員によって順番は変わると思いますが、大体こんなところです。

そしてボンネットを開けます。ここで検査員に書類一式を渡しますが、「自動車検査票」にチェックを入れるので、書類の一番上にしておきましょう。

ユーザー車検が初めての方は、検査員に申し出ましょう。以前は補助の人をつけてくれたり、今回は人がいないということで、検査場にあるスピーカーから音声で補助してくれました。
不慣れな人の目印として、ハザードランプを点灯したまま検査場に入ります。(群馬運輸支局だけの、ローカルルールかもしれません)

 

⑤ いよいよ検査場へ

ここですること 電光掲示板のいう通り


ここでは、フットブレーキやサイドブレーキ、排ガスやライトの検査などをします。電光掲示板や音声案内にしたがって、アクセルを開けたりブレーキを踏んだりしてください。

検査の一行程が終わるたびに「自動車検査票」を差し込んで、検査印を押す機械があります。

何度も来ているけれど、よくライト検査で不合格になります。ライトの光度や照射角度なんかをチェックしているみたいですが、一度ロービームで不合格になると、ハイビームで再検査してくれます。そしてハイビームでも不合格になると、そのまま残りの検査を行い、検査場を出ます。
ライトの調整をするため群馬運輸支局の敷地をでると、近くにテスター屋さんが何軒もあるのでライト調整をしてもらいましょう。費用は3,000円くらいです。
そして再び検査レーンの最後尾にならび、ライト検査だけしてもらいます。

ここで、レア情報。テスター屋に何度目か行ったときに教えてもらったことで、「ライトが怪しかったら4番レーンにならべ」ということでした(検査機器が旧式で、合格が出やすいらしい)。このことを思い出して、今回こそ4番レーンに並ぼうと思ったらなんと工事中でした。(古い検査機器を、新しくする工事かもしれません)残念。

検査項目をすべて終えると、検査場を出たところに車をとめて、検査員詰所へ書類一式を提出して最終の合格印をもらいましょう。

 

⑥ 再度、1 関東運輸局群馬運輸支局へ

ここですること 「令和」の入った車検証をもらいましょう


最後にもう一度、群馬運輸支局に入り、6番「持ち込み」のカウンターへ書類一式を提出しましょう。
まもなく真新しい車検証が渡されます。お疲れさまでした。

変わってゆく社会に、足りないものを思いついたら、まずは作ってみる。
Webサイト制作やランディングページ制作。動画制作、ドローン空撮などなど。未来に関することの全般がお仕事です。

「 IT×行政書士 」をキャッチフレーズに、地方自治体の地域活性化を ITの面からサポート応援していきます。
退職代行サービスや古物商許可申請の代行を、全国対応しています。

FLISCO jam Design
テキストのコピーはできません。