bloco

社会の有るがままを、
世界の有るがままを。

オクターブの世界 ①

 

  モエとタっくん「オクターブの世界」

 

   始まりの日

 

 夏休み最後の日ですよ、パパが驚いた顔してコップを手に持って。

「ママがコップの中に吸い込まれちゃった!」って。

 そりゃタっくんはびっくり仰天。いまにもパチンって泣きだしちゃいそうなシワくちゃの顔して、コップの中をのぞき込んで。

 それがパパの優しいウソだと分かったので、私は一緒に驚いたふりをしました。タっくんはまだ三年生だから、本当のことをいうのは可哀想だよね。私はもう四年生だし、『モエちゃんは大人びた子だね』なんてよくいわれるくらいなので大丈夫。現実はしっかり受け止めている。

 要するに、パパとママは性格のさんどいっちで……あれ?、とにかく性格が合わないってことで、二人は『りこん』したのだ。

 よくパパとママはケンカしてたから。でも、しかたないよね。とにかく私は大人びた子なんだし。パパは知らないだろうけど、『なにかあったら電話しなさい』って、ママから携帯電話の番号を書いた紙、もらってあるんだ。

 冬にはこたつになる長机にパパはあぐらをかいて、タっくんは身をのりだし、コップの中をのぞき込んでいる。パパが、んん~とうなって腕ぐみをした。

 私はお芝居になんてつき合っていられない。だってもうお腹すいてるのに、夕ご飯の支度をしているはずの、ママの姿がないから。私にママの代わりができるのかな。これが現実か。きゅうに悲しくなった。イヤだね、『りこん』って。ほんとイヤだ。

「ねえパパ! ママにあやまって、もどってきてもらってよ」

 もじゃもじゃの髪を指でかいて、パパはひげ面の顔をしかめた。

「あやまるくらいで、もどってきてくれるのなら、お安い御用だけど。ママー、ごめん。おれが悪かった。だから、もどってきておくれー」

 パパは両手をあてて、大きな声をコップにかけた。

ちょっとパパ、何してるの、この男は……。

「ママー、聞こえた? 帰ってきてよー」

 タっくんの口から、消え入りそうな声がもれた。こんがり日焼けした顔は、見たこともないほどおびえている。

 あーもー、分かったよ。私が今日から、お母さん。

 ママの引き出しから、エプロンを見つけた。首に通し、腰の後ろでひもを結んでみる。シャキーン。なんだか、自信がわいてきたぞ。

 大好きな少女マンガの、悲劇のヒロインみたい。あちらは、お母さまが亡くなられたのだけれど、まあ似たようなもんでしょ。

 私はびっくりするくらいの、大きな声をだした。

「パパ、汚い作業服着てないで、さっさとお風呂に入ってきて!」

 うわーママみたい。調子でてきたぞ。

でもパパは上の空。

「このままだと蒸発して、コップの中の水が無くなってしまうな」

 そういってラップを取りにきたパパを、私はにらんだ。奥さんが突然、姿を消すことを『蒸発する』っていうのくらい知ってるし。

 少し水の残ったコップに、パパが真剣な顔してラップをかけようとすると、タっくんがきゅうに泣きだした。

「ママが息できなくて、死んじゃうよー」

「でもこのままだと、ママが本当に消えちゃうかもしれないんだ」

 私は冷蔵庫を開けて、ニンジンを手に取ってみる。これで何か料理ができるかなと考えていると、『包丁は絶対さわっちゃダメよ!』。ママの言葉を思いだした。別のところから肉を取りだすと、『コンロの火はつけちゃだめ。せんをひねるとガスがもれて、爆発して家がふっ飛んじゃうからね』。ママがいってたな。それ聞いたとき、すごく怖かった。

 タっくんが泣いてるのに、パパはまだいいはっていて。

あーもーうるさい!

「タクミは宿題終わらせて! パパも早くお風呂に入ってきてよ!」

 カウンターから背伸びして、二人に怒鳴った。

「モエちゃんがこわいよー」

タクミが大泣きするのを耳の遠くに聞きながら、体から力が抜けて、私はしゃがみ込んでしまった。

 

なにひとつ、なにひとつ、できない。

 

その夜、パパがカレーを作ってくれた。

いつもママに小言をいわれつづけても、なーんにも気にしないで寝っころがってるだけなのに。やればできるじゃん、パパ。

 カレーは美味しかったけど、パパは笑ってくれたけど、重たい気持ちだった。ママがいないって、こういうことか。

 並べてしいた布団で、パパの腕をつかみながら静かに泣いていたタっくんは、いつのまにか寝いきをたてている。

明日から家に帰っても、真っ暗な気がした。なんだか怖くてこわくて、すがるような気持ちになって、私はコップを安全なタンスの上に、静かに置いた。

 

変わってゆく社会に、足りないものを思いついたら、まずは作ってみる。
Webサイト制作やランディングページ制作。動画制作、ドローン空撮などなど。未来に関することの全般がお仕事です。

「 IT×行政書士 」をキャッチフレーズに、地方自治体の地域活性化を ITの面からサポート応援していきます。
退職代行サービスや古物商許可申請の代行を、全国対応しています。

FLISCO jam Design
テキストのコピーはできません。