bloco

社会の有るがままを、
世界の有るがままを。

帰れなサンタの夜明けまえ

「帰れなサンタの夜明けまえ」

 

 お兄ちゃんは分解が大好きだったんだよ。ラジオとか時計とか、何でも分解しちゃうの。それをまた組み立てると、動かなくなってしまう物もあったけど、時計なんか音をたてて動きだしたから、「お兄ちゃん、すごーい!」って、びっくりして拍手したんだ。

 そしてお兄ちゃんは宝物だった空気銃を、真剣な顔して分解した。はずした部品を順番に並べて、ぜんぶバラバラにすると、それを組み立て直したの。でも動かなかった。引き金をひいても弾がでなくて。

「お兄ちゃん、これ」

 私が見つけたのは、小さなバネ。

「そうか、これを入れ忘れてたんだ」

 もう一度分解して、お兄ちゃんはバネを入れた。でも組み立てる順番が分からなくなってしまって、とうとう直らなかった。

 それはとても不思議だった。見れば、もとどおりの立派な空気銃なのに、小さなバネが一つ無いだけで、動かないなんて。

 でも、いまは分かる。

お兄ちゃんは小さなバネだった。それ一つで、私は動かなくなってしまったから。

 

 お兄ちゃんは四年生の夏休み、山登りの会に参加したまま、帰らなかった。大人たちは、避けようのない事故だったって言った。

 ママとパパは、何もなかったみたいにして泣かないから、私もいつからか泣かなくなった。そして私は、壊れた空気銃になった。

 壊れてたから学校に行けなくて。それが十二月になって学校に通えるようになると、友達はみんな優しく迎えてくれた。

 パパもママも、私の前ではいつもヘンな感じで、にこにこしてばかりいた。

 

 クリスマスになると、テーブルには見たこともないほどの、ご馳走が並んだ。私のと同じように、お兄ちゃんの席にも並んでいる。

 ママが笑顔で何かを言おうとしたけど、少しつまったあと突然、涙を流した。それを見た私は涙が止まらなくなってしまって、パパも下を向いたまま泣いていた。

 三人でしばらく泣いたあと、パパが明るい声で言った。

「さあ、始めよう。ハッピーバースデー!」

 ちょっとしてママが間違いに気づいて、私も一緒に笑った。部屋の飾りやツリーの明かりが、きらきらにじんで見えた。

その夜、なかなか眠れなかった。

強い風が裸の木の枝をゆらす音で、怖くなって布団に顔をかくした。そっと顔をだして窓を見ると、青白い月の明かりが寒そう。

その時、風とは違う音が聞こえてきた。一瞬まぶしくて目をつむると、部屋にサンタさんが現れた。ビクっと体が驚いてゆれ、布団も動いた。大きなトナカイに乗ったサンタさんは、よっこらしょと降りてくる。

「おや、こまったな。この子は、なんで寝ていないんだろう」

 鈴がこぼれ落ちるような音といっしょに、サンタさんの声が聞こえてくる。

「ごめんなさい……、眠れなくて:」

 おじいさんサンタは手のひらを持ち上げて、舌をならすと、そこにプレゼントが現れた。

「この家の男の子からのリクエストなんだが、ほかに子供はいないのかな?」

 私は、お兄ちゃんの事故のことを話した。サンタさんはこまった顔で下を向いた。

「それは残念だった。うん、僕からお兄さんに渡しておこう」

「サンタさん、お兄ちゃんに会えるの?」

「ああ:、会えるさ」

 またサンタさんが舌をならすと、もう一つのプレゼントがでてきた。

「これはお隣からのリクエストなんだが、誰もいないようだね。知っているかい?」

「隣のお姉ちゃんはきょう引っ越したけど、お家の場所は知ってるから、案内できます」

「ありがとう、それではお願いしよう。シゲちゃんは疲れたろうから待っていておくれ」

 トナカイさんの名前は、シゲちゃんらしい。シゲちゃんは、こくりとうなずいた。

サンタさんが勢いよく唇をならすと、一瞬ひゅっと風がふいて、気がづくと二人で外に立っていた。

 寒い夜の町に、月がひゅるりと浮んでる。でもサンタさんといると、怖くなかった。

団地の並ぶ道をまっすぐ行って、公園を曲がった先にある白いお家を、私は指さした。

サンタさんがプレゼントに息をふきかけると、白いお家に向かって、飛んで消えた。

「きみの欲しいプレゼントはなんだい?」

 欲しいものがないことを伝えると、サンタさんは優しい目で私を見た。

「でもサンタさん、なんでも出せれば、あっという間に、お金持ちになっちゃうね」

「もしお金にかえたら、僕は人間の世界にしばられて、自分の世界にもどれなくなってしまう。僕は、人間の世界から自由なんだよ」

 ぽかんと、私は聞いていた。

「いいかい。自由ってのは、こんな感じさ」

 サンタさんはいたずらっぽく笑って、舌をならした。すると道の向こうから、一匹の猫が現れて歩いてきた。

もう一度舌をならすと、こんどは反対から犬が出てきた。またサンタさんが三回ならすと、鳥と馬とサルがやってきた。舌と指を何度もならすと、サイやリスやキリン、ゾウやペンギンが現れて向かってくる。

 私がきょろきょろしていると、サンタさんが勢いよく唇をならした。すると公園の向こうから大波がやってきた。波のてっぺんには巨大なワニが波乗りしながら、しっぽをふっている。大きな波の音が迫ると、ワニが私をすくい上げて、背中に乗せた。私はワニにまたがると、風をきって波にのった。

「うわー、気持ちいー」

 まわりを見ると、動物たちはみんな波にのって、はしゃいでいる。大きな波は光みたいなスピードで、世界をまわった。

ビルの街をこえて、ピラミッドやアフリカの草原を、無敵の速さでひとっ走りした。

「行くぞー!」

 私のうしろにまたがったサンタさんが、手をつき上げた。

打ち上げられた最新のロケットと競争で、大波は宇宙に向かった。波に乗った生き物は全員で、大声を上げた。

「負けるなー、まけるなー!」

 ロケットは物凄いスピードで先を行った。負けたくない! 行けー! 私たちの大波は、最後の力をふりしぼって追い上げた。

 あの青白く光っていた月に、最初にたどり着いたのは、大波だった。勢いで、水がはじけ飛んだ。波に乗った生き物たちは、とび上がって喜んだ。

「やったー、勝ったーー!」

 勝利の曲にあわせて、みんなパラシュートで地球に降りてゆく。動物たちやサンタさんと一緒に、私も美しい地球へ帰っていった。

 

 部屋にもどると、シゲちゃんは寝ていた。サンタさんは、やさしく歌うように言った。

「そろそろ行こう。夜が明けてしまうよ」

 シゲちゃんは気持ちよさそうに、ゆっくりと目を開けた。外を見ると黒い空に、少しだけ白色が混ざってきている。

「サンタさん:、お兄ちゃんに会ったら、伝えてほしいことがあるの」

 サンタさんは私を見て、静かに言った。

「実は、きみにウソをついてしまった。本当は、お兄さんに会うことは出来ない。僕が会えるのは新しい命、これから生まれてくる命だけなんだ。よく考えたんだが、お兄さんのプレゼントは、きみにもらってもらいたい」

 サンタさんはプレゼントを手渡してくれたけど、私は見なかった。きゅうに、怖くなってきた。

 サンタさんはゆったりと、シゲちゃんの背に乗った。そして勢いよく、唇をならした。

「ありがとう、楽しかったよ!」

 一瞬で消えてしまったあと、鈴がこぼれ落ちるような音だけが残った。

 私は追いかけた。怖くてこわくて、必死に追いかけた。階段をかけ下りて、玄関に向かった。そして靴をはこうとした時、お兄ちゃんの声が、突然よみがえった。

「行ってくるよー」

山登りの会に行く日、お兄ちゃんは私にそう言った。でもあの時、私は怒っていて、お兄ちゃんの言葉に返事をしなかった。そしてあの姿を最後に、帰ってはこなかった。

しゃがみ込んでしまい、ひざを抱えた。力の抜けた私は、手に持っている箱に気づいた。お兄ちゃんのプレゼントだ。少し迷ったけど、でも開けてみようと思った。

 きれいなリボンをほどいて、包みを開くと、中には見覚えのあるものが入っている。

 それは、犬のぬいぐるみだった。

電池で動く、私の宝物だったぬいぐるみ。これと同じ物を、お兄ちゃんは分解した。私がみつけたときには、もうバラバラだった。そしてぬいぐるみは、とうとう直らなかった。私は怒って泣いた。そしてお兄ちゃんに、「いってらっしゃい」も言わなかったんだ。

 山登りの会へ行くまえに、プレゼントをお願いするお兄ちゃんを心に描いて、私はぬいぐるみを抱いた。

 立ち上がった私は、そとに出た。

空を見ると、山の向こうから、太陽の光が夜を消そうとしている。

サンタさんとシゲちゃんが帰る世界の、方角が分かる気がした。春になったらやってくる、新しい命のいる世界。

 ありがとう、の気持ちがいっぱいになって、私は大きく手をふった。

変わってゆく社会に、足りないものを思いついたら、まずは作ってみる。
Webサイト制作やランディングページ制作。動画制作、ドローン空撮などなど。未来に関することの全般がお仕事です。

「 IT×行政書士 」をキャッチフレーズに、地方自治体の地域活性化を ITの面からサポート応援していきます。
退職代行サービスや古物商許可申請の代行を、全国対応しています。

FLISCO jam Design
テキストのコピーはできません。